2016年10月26日

ギガビット無線機 新製品紹介

600TX from Siklu.jpg

簡易にギガビット通信を可能にする屋外無線機がリニューアルされました。
光ネットワークでは1Gbps環境は当たり前の時代。
ただし、屋外ネットワークでは、ファイバ敷設が困難であったり、工事期間やコストが課題になることも多々あります。
そんな時は、Siklu EH-600TXによる無線中継で 1Gbpsの利用エリアを拡大できます。
免許不要で小型・軽量のため、専門業者による設置工事は数時間で完了します。

製品情報は下記を参照下さい。 ↓

製品Brochureはこちら ↓

にった

posted by Upside at 15:59| Comment(0) | TrackBack(0) | Siklu

2016年10月25日

期間限定 割引キャンペーン

スライド1.jpg

♪ serverLIFT キャンペーンのお知らせ ♪


安全ラッキング作業の決定版、サーバリフトのキャンペーンを実施中です。

5年に1回、期間限定でのこの機会を是非お見逃しなく。


【価格】 SL500X (電動) \ 1,800,000-(税別)

      SL350Xi(手動)  \ 1,300,000-(税別)

【期間】 201610月末〜20161227日納品分まで

【備考】 輸送費は別途

【参照ホームページ】 http://serverlift.jp    

【お問い合わせ先】  http://serverlift.jp/form

posted by Upside at 08:06| Comment(0) | TrackBack(0) | その他

2016年10月15日

11/17 開催 IoT導入による事業改革セミナー 導入偏

スライド1.jpg



あなたの会社にはIoT部門はありますか?


「上長よりIoTに取り組めと言われてるが 、どのように取り組んだら良いかわからない」

「IoTを現在の業務に取り込むためにどこからどうしたら良いのか?わからない」などの悩みを抱える企業の方が多いようです。

弊社ではそんな方々を対象として、“IoT導入を検討する際にどのような視点で検討するべきか”という導入編セミナーを開催しています。

次回は11/17に開催します。

講座風景の動画はこちら↓

https://youtu.be/pbDxi6qDHHc


Unknown.jpeg


講座内容は、新事業創出に向けた時間軸の捉え方に始まり、日常業務と真逆の未来思考型発想、新規参入によるダイナミックな業界変動が前半を占めます。

後半は、その状況下でIoTの利便性がどのように関わり、上位目標を達成していくのかと踏み込みます。特に重要なことは、未来を創る当事者であると意識することです。


目標市場やターゲット層によって新事業への取り組み方は異なりますが、実はその方法論は共通しているのです。当講座では、その方法論を簡潔にまとめ、具体例に理解できるともに、新事業創出の思考基盤を築きます。


講座内容の詳細や申し込みは下記URLを参照ください。

http://www.kokuchpro.com/event/iot11/ 



posted by Upside at 10:05| Comment(0) | TrackBack(0) | Upside Academy

2016年10月10日

"AI First" そして、サヨナラ NEXUS

AI first.jpg


Google の新しい戦略指針であるAI First

Googleに集まる膨大なテキスト・画像・音声・動画情報を機械学習し、ナレッジグラフを生成することが可能になっていく。その発展を助長すべく独自ハードウエアやサービスを発表した。


Google スマホ ”Pixel”

スマートホーム ”Google Home”

Google製VR   “Day Dream VR

対話型アシスタント ”Google assistant”  



今回はPixelの登場に伴い、7年の歴史に幕を閉じるGoogleスマートフォンNEXUSシリーズを振り返る。


NEXUS.png

実は今年になって初めてNEXUSユーザー(NEXUS 5X)となったのだが、その成熟度に満足している矢先に上記 Newsを知るところとなり、驚きを隠せずにいる。

F2.01230万画素カメラは非常に明るく撮影でき、4K動画撮影にも対応。USB Type-C対応コネクタにより、10分強の充電で7時間以上の駆動が可能。

キャリアアグリゲーション(FDD及びTDD)にも対応しつつ、Softbank/Ymobile!の全周波数に対応しているので、通信速度もストレスがない。Google Map/Calender/Driveとの連動も気持ち悪いくらいスムースである。

iPhone 5Sからの買い替えだが、全く不自由がない。というより、満足しきりである。

これまでのNEXUSは台湾・韓国・中国メーカーが提供する安かろう・悪かろうの類とタカをくくっていたが、食わず嫌いであったと思い知らされた。

その反省も含めて、現行品が最後のモデルとなるNEXUS製品8種類を振り返ってみた。


Nexus One20101月、HTC製)

 Googleブランド初期モデル。

 ちなみに、世界初のAndroid端末は台湾HTC製の「G1」でした(2008年)。


Nexus S201012月、Samsung製)

 このころには100種類以上のAndroid端末が世に出ていたようです。


Galaxy Nexus201110月、Samsung製)

 Nexusブランドが初めて日本(NTTドコモ)で発売された。


Nexus 4201210月、LG Electronics

 日本では当初SIMフリー端末として流通したが、のちにイオン端末としても販売された。


Nexus 5201311月、LG Electronics製)

 Nexus 5の「5」は5代目でもあり、約5インチディスプレイとの意味もあった。


Nexus 6201410月、Motorola/Lenovo製)

 6代目にして6インチディスプレイのスマートフォンです。Motorola製との冠ですが、既にLenovo傘下の中国企業となった後


Nexus 5X20159月、LG Electronics製)

 DOCOMOYmobile! が採用。

 XにはNexusブランドのコアという意味があるらしい。


Nexus 6P20159月、Huawei製)

 Softbankが採用。
 P
は「Premium」の頭文字から取ったそうです。


にった

http://www.upside-llc.com



posted by Upside at 00:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 5G

2016年10月06日

情報戦線異状アリ

Iot.jpg

Amazon、DeepMind/Google、Facebook、IBM、Microsoftは、人工知能の研究とベストプラクティスの普及のための非営利組織「Partnership on AI」を創立することを発表した。

強きアメリカの復権。
人口知能を普及させるというより、世界中のデータ・情報を全て手中に納め、情報戦争で完全制圧するかの動きではなかろうか?
モノやサービスはその枝葉として色を変えるとしても、根幹の部分はMade in USAとは。

にった
http://www.upside-llc.com

posted by Upside at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | IoT

2016年09月27日

真っ青な海と空 そしてギガビット無線

沖縄空雲.JPG

事例動画には、南の島がよく映える。
青い空に海。そして、強い日差し。


これまでの沖縄における設置事例は写真で報告しましたが、うるま市伊計島(沖縄本島から陸路で移動可能)に設置した様子をダイジェスト動画にまとめました。
暑さや通信距離感も伝えられると同時に、長距離用アンテナは角度調整が難しいこともきちんと伝えたい。Siklu EH-1200の長距離&高速通信は素晴らしい特長だけど、十分な準備と知識がないと使い物にならないのも現実です。

スライド1.jpg

もっとも、BGMの沖縄リズムがナンクルナイサーと語りかけてくるようですが…

にった

posted by Upside at 18:28| Comment(0) | TrackBack(0) | Siklu

2016年09月22日

IoTを地域社会へ 総務省の推進力は本物か?

スクリーンショット 2016-09-22 0.09.04.png

これまでの総務省のICT/IoT戦略としては、テレワーク・WiFi利活用・IoT推進LAB・人口知能・VRと部分的なサービスシーンの推進力であったが、今回は特定地域に複合的技術と統合サービスとして展開し、住民(利用者)目線で利便性を高める取り組みとなる見込み。
2020年東京オリンピック・パラリンピックという目標スケジュールの甲斐もあり、昨今の施策はスピード感がある。
地域の住民・行政・企業の様々なデータ利活用・分析による住民サービスや事業創出を生み出すためにIoTというツールは真の救世主となるのか?

情報マップ.jpg
にった


posted by Upside at 00:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 地方創生 + IoT

2016年09月19日

【月例開催決定!】「IoT+新事業創出」マーケティング講座

スライド1.jpg

IoT+新事業創出」マーケティング講座 導入編の初開催が9月9日に無事終了しましたが、好評のため今後も月例(次回は10/13、11/17、12/7)で開催します。


講座風景の動画はこちら↓

https://youtu.be/pbDxi6qDHHc

Unknown.jpeg

講座内容は、新事業創出に向けた時間軸の捉え方に始まり、日常業務と真逆の未来思考型発想、新規参入によるダイナミックな業界変動が前半を占めます。

後半は、その状況下でIoTの利便性がどのように関わり、上位目標を達成していくのかと踏み込みます。特に重要なことは、未来を創る当事者であると意識することです。 

導入編.jpg

目標市場やターゲット層によって新事業への取り組み方は異なりますが、実はその方法論は共通しているのです。当講座では、その方法論を簡潔にまとめ、具体例に理解できるともに、新事業創出の思考基盤を築きます。


来月から定期開催の日程は、下記にて開催しますので、奮ってご参加ください。

    10/13(木) 16時開始

    11/17(木) 16時開始

                      http://www.kokuchpro.com/event/iot11

    12/7(水)  16時開始

                      http://www.kokuchpro.com/event/iot12


講座内容の詳細や申し込みは上記URLを参照ください。


実際に事業創出に取り組むにあたり、目標やターゲットユーザーの設定に迷いがあれば、「ビジネスモデル編セミナー」や「ターゲット設定ワークショップ」を試してみてください。

Upsideは皆さんのチャレンジを応援し、共に光を見出します。


にった

http://upside-llc.com/our_business/business_consulting/


  

posted by Upside at 18:33| Comment(0) | TrackBack(0) | Upside Academy

2016年09月17日

【養殖業 + IoT + インドネシア 1/4】

DSC05352.JPG

インドネシアにおける養殖業(高級魚や海藻類)は重要な輸出産業として伸びていますが、海洋汚染対策や効率化が急務とされています。


マリンITの先駆者でもある和田教授や畑中教授を中心とした研究グループ(Upsideも参加)は、海洋環境のモニタリングや分析をもとに、今後5年間にわたり、その課題解決に取り組みます。


とはいえ、インドネシアで研究・運用を続けるには膨大な予算や現地パートナーも必要です。そこで、JICA(国際協力機構)とJST(科学技術振興機構)の合同プロジェクトSATREPSの研究予算(年間1億円弱)ともに、インドネシア海洋水産庁の研究機関と協力して5月から活動を開始しました。


ゴンドール ハタ.png

【養殖業 + IoT + インドネシア 2/4】に続く


にった

http://www.upside-llc.com

posted by Upside at 17:33| Comment(0) | TrackBack(0) | IoT

【養殖業 + IoT + インドネシア 2/4】

DSC05352.JPG

現在の主な活動は研究・運用そのものではなく、研究予算が最終承認されるために、研究計画について有用性と実効性が十分に資することと2国間の共同研究契約書が締結されることです。かつて経験したことのない膨大な事務手続きに明け暮れているといった表現が正しいかもしれません。


有用性を明確にするにしても、

 研究としての価値があるのか…

 どれほどの効果が期待できるのか…

 若手研究者の育成とグローバル対応…

 インドネシアの国策にマッチしているのか…

 相手国に取ってどのような国益があるのか…

評価の視点は多岐に渡ります。


また、実現性に至っては、

 (弊社も含めて)参加機関の研究実績

 相手国側の受け入れ態勢

 論理的な実現根拠

 予算の妥当性

と文面にすれば当たり前のことが、「五年の中期計画」と「その後の持続可能な運用」までも加味すると、格段に計画書の難度が跳ねあがります。



【養殖業 + IoT + インドネシア 3/4】に続く

にった

http://www.upside-llc.com

posted by Upside at 17:30| Comment(0) | TrackBack(0) | IoT