2017年03月11日

目指せ! パラリンピック金メダル

DSC05851.JPG

青少年の未来を拓く。
東京中央ロータリークラブのスローガンです。
スポーツに情熱を注ぐジュニア世代のサポートもその一つです。

DSC05908.JPG

車いすジュニアテニスのコーチとして、第一人者である丸山弘道さんが主宰する
「第三回車いすジュニアテニス選手権」が3月11日に慶応大学日吉キャンパスのテニスコートで開催されました。
日頃の成果を発揮し、選手仲間としての交流を楽しめる貴重な企画。

残念なことに、ジュニア専門の車いすテニス大会は国内でもまだわずかしか開催されていません。理由として、選手の移動や会場確保、そして運営を支えるボランティアが必要ながらも、その費用もマンパワーも不足していることが課題となっているのです。
微力ながらも、東京中央ロータリークラブも大会に協賛し、その一部を支えさせていただきました。

DSC05861.JPG

選手達の試合を応援しながら、スポーツを通じて肉体を鍛えるだけでなく、協力や思いやりを学び、精神的な成長となる素晴らしい機会であると再認識いたしました。

DSC05943.JPG

高学年の選手は我々のような中年の同好会よりもはるかに質の高い戦いとのこと(私はテニスが得意ではないので、知人のコメントを借りて)。
そして、打球もさることながら、ボールコントロール以前に、車いすのコントロールや打点への移動が、詰将棋のように事前に計算されているのです。これは、知性の勝負であると。まさに、知力・体力・精神力が備わった選手たちなのです。
開催を支援するという立場であるよりも、試合観戦を楽しませていただく観客になった気分でした。

DSC05920.JPG

当大会は、パラリンピック金メダリストの国枝選手も特別監修を務めています。

DSC05903.JPG

お固くいうと監修役ですが、側で見るとテニス仲間として溶け込んでいる姿に器の大きさを感じさせます。世界一流の選手に対しても、ジュニア選手に対しても、同じ敬意と親交を深めている。何気ない交流にも高潔さが滲んでいました。

DSC05866.JPG

ジュニア選手の未来のために
関わる人たちの心の豊かさのために

「大会の継続」と「さらなる広がり」に繋げていきたい。

にった


posted by Upside at 18:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会貢献活動

2017年03月04日

秋田でマリンITワークショップ 2017


フラッグ.jpg

3月とはいえ、秋田駅からほど近い久保田城跡の堀はまだ凍結していて、氷点下の装いの市街地。
今年のマリンITワークショップ2017は秋田市で3月2日に開催されました。
夏は函館開催、冬は地方都市を巡回する形で、昨年の仙台から舞台は秋田に移った次第です。
今年も30名以上の参加者が集まり、水産業や水産資源、そしてITの利活用について、闊達な発表がなされました。

マリンIT秋田.jpg


普段は縁のない赤潮被害対策やハタハタの漁場の課題も教えて頂き、なかなか受け入れられなかったIT技術が水産現場や養殖現場での効果的な導入も知りえる機会となりました。おそらく、海洋水産現場でのIT活用情報としては、日本でも最も先駆的な場だと思います。なんといっても、20年近い歴史がその苦労を物語っていますから(主宰の和田教授 おつかれさまです!)。

弊社からの発表は「屋外無線の最新動向」について

マリンITでは衛星回線・高出力無線LAN・3G/LTEが有力な手段ですが、今年からサービス展開が有力視される SIGFOX/LoRa/NB-IoT/e-MCTの技術情報や使い分けのコツを発表させていただきました。
これから流動的な技術と市場ですが、現場の方々にいち早く情報共有できればとの思いでマリンIT向けスペシャルバージョンで臨みました。

異業種・異文化・産官学の異なる立場がマジワルことで、思わぬシナジーが生まれ始めています。共同研究になったり、共同事業になったり。

これからも質の高いワークショップが継続するように参加者全体で底上げしたいものです。

次回は、8月2日に本拠地函館で開催。
さらなる進化を求めて!

にった
Upside
www.upside-llc.com




posted by Upside at 11:30| Comment(0) | TrackBack(0) | IoT

2017年03月03日

攻めの経営にはIoTが絶対に必要 3/14セミナー開催

事業拡大で悩む管理職向け
  180分集中セミナー 1
 攻めの経営は、IoTが絶対必要!

IMG_9209.JPG

急速に普及している IoT を積極的に利用して、
事業拡大に活用するためのセミナーです。
攻めの経営におけるIoTへの取り組み方や
IoTを導入する際にどのような視点で検討するべきか
を独自の視点で解説します。



受講対象となる人は....

「上長よりIoTに取り組めと言われてるが 、どのように取り組んだら良いかわからない?」

「IoTを現在の業務に取り込むためにどうしたら良いか? わからない」などの悩みを抱える管理職の方に最適です。

皆様と「IoT導入にどう向き合っていったらよいのか?」「どこに着目してスタートしたら良いのか?」 を議論を織り交ぜながら講義させて頂きたいと考えております。

セミナー開催(3月14日)の詳細と申し込みは下記URLまで

http://www.kokuchpro.com/event/2M14


Upside

posted by Upside at 10:57| Comment(0) | TrackBack(0) | Upside Academy

2017年02月28日

初参加! みやぎモバイルビジネス研究会

宮城県庁.jpg

2009年に発足した「みやぎモバイルビジネス研究会」は宮城県庁と東北IT企業が中心となって活動されています。
東北企業のビジネス拡大を促進すべく、
そして、東北発の事業を目指して。

昨日のセミナー@宮城県庁のテーマは、

ICTを活用した新たなビジネスの創出を目指して
〜新たなビジネスシーンの一例「グローバル展開へのチャレンジ」〜

みやぎモバイルビジネス研究会 セミナー 2017 02.jpg

三社の登壇とパネルディスカッションの構成となっており、Upsideも「IoT/ビッグデータ時代の海外展開」との題目で講演させていただきました。

海外では加速的に普及しているIoTサービス。もう、IT商材の単品売りではなく、「モノ+サービス」でいかに付加価値をつけるのか。そして、現地文化や価値観とどうマッチングさせるのか。事業化するうえでのキーポイントを機関銃のように放談しました。

発表風景.jpg

他にも、東京市場に頼るのではなく、シリコンバレーに新市場を展開するASA社。フィリピンの向上心豊か&低コストのエンジニアを活用したラネックス社。
それぞれが、これまでの経験や知見を惜しげもなく情報共有する会となりました。
海外進出といっても、幾多の困難へ立ち向かう情熱と投資が必要であり、次に続く志豊かな東北企業が増えることを祈念しています。


東京から唯一の登壇でしたが、北の大地の情熱をおすそ分けしていただき、自社の成長を見つめ直します。


にった
Upside
www.upside-llc.com



posted by Upside at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | IoT

2017年02月25日

仙台での出張講演 2/27


16864416_1384702388238686_3985193100836563911_n.jpg


2/27 みやぎモバイルビジネス研究会@仙台にて登壇します。
http://www.mimos.jp/eve/2017/170227.html 


当日のセミナー全体のテーマは、


「ICTを活用した新たなビジネスの創出を目指して」

新たなビジネスシーンの一例「グローバル展開のチャレンジ」


チャレンジ精神豊かな企業様に役立つような内容を盛り込み、

私の発表テーマは


 IoT/ビッグデータの海外展開


弊社の海外企業とのビジネス経験をもとにした「現地の価値観重視の論点」と「IoTサービスも加味した新しい事業モデルのチャレンジ」を中心に発表します。

発表資料はこちらからダウンロード可能です。

https://www.slideshare.net/NittaTetsuya/presentations

posted by Upside at 20:50| Comment(0) | TrackBack(0) | IoT

2017年02月12日

Press Release の威力 沖縄伊計島の例


ミリ波ギガビット無線機で世界シェア1位のSiklu社は100名に満たないイスラエル企業です。日本でもすでに販売代理店が市場展開しており、沖縄で幾つかの導入実績があります。

EtherHoul1200.jpg

沖縄本島のうるま市伊計島。
光回線が敷設されず、一昨年まで無線中継による数10Mbps回線が島内の通信インフラでした。

DSC05367.JPG

島内には廃校となった学校が利活用されて、ネット教育を主眼としたN校(ドワンゴが母体)が開校したものの、ネット教育の中心拠点としては通信容量が圧倒的に不足しました。
その解決手段として、ギガビット無線Sikluで島間通信により、700Mbpsが開通。

images.jpeg

技術的な革新のみならず、社会インフラとして教育支援として大きな意味を持つインフラ導入であったために、本件のプレスリリースをイスラエル(米国経由)から世界に一報が配信されました。

2月 6日 Siklu社 報道発表

上記の内容の和訳版が翌日には国内ネットニュースに掲載され、連鎖的に40前後のWEBでニュース配信されました。

大手WEBニュースの記事例
http://news.infoseek.co.jp/article/kyodopr201702068502/
http://www.sankeibiz.jp/business/news/170206/prl1702061141052-n1.htm
http://www.rbbtoday.com/release/kyodonews_kaigai/20170206/185894.htm

上記有力メディアの即日転載はよくあることですが、
今回は沖縄タイムズ山形日報といった
ローカルニュースまで翌日配信されたことに
驚きを隠せませんでした。
地方都市では有力な情報源のローカル発行の
新聞媒体(現在はWEB併用)。
地方都市にも時差のない広告効果を海外から
コントロールできる現実。

導入活動の当事者として実感すると、
「広告効果の歓喜」と「ネット配信の脅威」
が身に沁みます。

今回の配信では「動画による現地紹介」も
引用されておりますが、
その製作元がUpsideであることは
ひっそりとした取り扱いですが…


にった
posted by Upside at 10:18| Comment(0) | TrackBack(0) | Siklu

2017年02月11日

ギガビット無線セミナー報告 IoT・5G・ミリ波  全てが躍動中!



屋外無線動向 無線方式.jpg


ギガビット無線セミナー(GLBB主催)において、「屋外無線の最新動向」について基調講演をさせていただきました。
5Gへ向かうLTE 技術や市場の変化、そして、LPWA普及元年を意識してLPWA/IoT関連の今後の動向を前半に盛り込みました。また、通信速度としてはLPWAと対極的な「60GHz帯ミリ波のWiGigや屋外中継機」等の 1Gbpsを超える通信技術を後半の核としました。
セミナー資料はこちら↓で公開中


屋外無線動向表紙.jpg
屋外無線動向 無線方式 図.jpg

講演後に振り返ると、
講演内容がブログ名称と一致してしておりました。
報告レポートを作成していて気づいた次第。
一年前に命名したブログ名称も的外れではなかったようです。

それもそのはず。
IoTのセンサーデータや画像データが氾濫すれば、基幹ネットワークも大容量化が必然となります。そのためには、「アクセスとして便利な技術・サービス」と「基幹として求められる技術・サービス」は並行して革新が必要となりますから。

無題.jpg
IMG_20170207_164929.jpg

セミナー会場は昨年落成したばかりの琉球銀行
北谷支店の大会議室を利用させていただきました。
真っ白な壁面に覆われて、新品の備品と快適なセミナー空間。
銀行建屋にいることを忘れて、
ノリノリで30分間講演させていただきました。
参加者の企業様にギガビット無線の波を感じてもえるよう祈念して。

IMG_20170208_113029.jpg

投資相談でもなく、保険手続きでもなく、ギガビット無線の普及目的に会議室を貸していただいた琉球銀行の懐の深さを感じながら帰京しました。

にった





posted by Upside at 13:57| Comment(0) | TrackBack(0) | ミリ波

2017年02月07日

攻めの経営には、IoTが絶対必要!


IMG_9209.JPG
 

 事業拡大で悩む管理職向け
  180分集中セミナー 1
 攻めの経営は、IoTが絶対必要!


急速に普及している IoT を積極的に利用して、
事業拡大に活用するためのセミナーです。
攻めの経営におけるIoTへの取り組み方や
IoTを導入する際にどのような視点で検討するべきか
を独自の視点で解説します。



受講対象となる人は....

「上長よりIoTに取り組めと言われてるが 、どのように取り組んだら良いかわからない?」

「IoTを現在の業務に取り込むためにどうしたら良いか? わからない」などの悩みを抱える管理職の方に最適です。

皆様と「IoT導入にどう向き合っていったらよいのか?」「どこに着目してスタートしたら良いのか?」 を議論を織り交ぜながら講義させて頂きたいと考えております。

セミナー開催(2月23日)の詳細と申し込みは下記URLまで



Upside

posted by Upside at 11:24| Comment(0) | TrackBack(0) | Upside Academy

2017年02月06日

明日開催! ギガビット無線セミナー 沖縄

屋外無線動向 無線方式 図.jpg


IoTやビッグデータの波は、サービス面の多様化がすすむ一方、それを支える通信インフラの拡充も急務とされています。
センサーデータに特化したLPWAや4K/8Kといった大容量映像データ、その対応力は幅広く求められています。
適材適所の通信市場・技術をわかりやすく30分間にまとめた講演を2/7に沖縄で実施します。



屋外無線動向表紙.jpg



屋外無線動向 無線方式.jpg


今回のセミナーでは、GLBB社が他にもギガビット無線機の製品紹介やデモも実施し、無線中継インフラを大容量化へ適用する現実解を発表します。

無題.jpg



にった




posted by Upside at 10:31| Comment(0) | TrackBack(0) | Siklu

2017年02月05日

車いす修理ボランティア

DSC05766.JPG

海外の恵まれない人々に役立つことをしよう。
3年前から始まった「空飛ぶ車いすプロジェクト」
今年は40名以上の有志が集まった。

DSC05751.JPG

東京中央ロータリークラブを中心に、いくつもの団体が協力して、今日を迎えた。

東京蒲田ロータリークラブ
東京三鷹ロータリークラブ
中央大学ローターアクトクラブ
清泉女子大学ローターアクトクラブ
大森学園高等学校インターアクトクラブ

他にも有志や家族の方々が集まり、三時間にわたって20台の車いすが修理された。

なぜ修理活動が始まったのか?

日本では年間3万台以上の中古車いすが廃棄されている。
その一方で、発展途上国では車いすの供給が圧倒的に不足している。理由として、現地では原則「自主購入」のため車いすが高くて買えない人たちが大勢いるためである。
この相反する事情を少しでも改善するための試みが「空飛ぶ車いすプロジェクト」であり、
1)国内の中古の車いすを集め
2)海外環境でも利用できるレベルに修理し
3)日本から現地に輸送し
4)現地で必要とする団体に寄贈する
一連の活動を、志を共にする団体で推進している。

DSC05754.JPG


DSC05742.JPG

参加者はまさに老若男女。力作業が必要なこともあれば、丁寧に磨き上げる作業、潤滑剤を補う作業に梱包作業。誰でも、何かはできるはず。

DSC05757.JPG

大切なのは現地への思いを込めること。
車いすを受け取る人々が喜んでほしい、役に立ってほしいと願うこと。
もちろん、これまでの寄贈では、現地であり余る感謝と笑顔を受け取ってきた。

DSC05763.JPG

現地の人々だけではない。

集まったみんなの笑顔も何よりの大きな収穫である。

車いすが有効活用され
皆の心が豊かになり
志を共にする仲間を得る

この活動には計り知れない価値が詰まっている。

新田



posted by Upside at 21:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会貢献活動