2020年10月30日

ウェバートン社と共同出展!

DC318769-0CB8-4AA7-8578-2C87FF88E3D4.JPG

当初はJapan IT Week 2020春@東京ビッグサイトに出展予定でしたが、コロナ禍のために中止となり、今回の2020年10月開催@幕張で仕切り直しとなりました。クライアント企業様との共同出展は初の試みですが、出展の最大のテーマは、今夏に産経新聞社とサービスを開始した「みまもりーね(見守り支援IoTサービス)」の促進です。


見守る対象者を独居高齢者に絞り込み、IoTデバイスの活用により離れて暮らす親をご家族が緩やかに見守るというコンセプトを打ち出しています。導入時はSigfox環境センサーを宅内に置いておくだけであり、屋内の「温度」「湿度」「照度」が遠隔で把握することができます。電源も宅内インターネットも不要なので、簡易に始めることもできて、初期費用が無料と導入障壁を極力無くした思い切ったサービスです。

これまでも「離れて暮らす大切な家族が元気に暮らしていることを確認したい」というニーズはありながらも、高額な初期コストやランニングコスト(標準的に毎月3000円前後)が足かせとなり、ちょうど良いサービスが不在の市場でした。

スクリーンショット 2020-10-30 11.54.28.png

今回の肝は、「センサーの電池駆動」と「照度による潜在的な情報が把握できること」です。実は、特定の部屋の照度を把握できると生活リズムがよく見えるのです。

本件のUpsideの役割は、介護・福祉の現場経験から家族間の見守りニーズを掘り起こし、監視でもなく強制でもない「ゆるやかな見守り」を実現するための対象市場の選定と技術的要件整理を支援しました。
また、事業化をすすめるにあたり、クライアント企業の内製部分・パートナー企業への外注・弊社による開発といった分散型の開発を機軸としました。弊社開発は、Sigfox対応センサーのSDKを元にしたファームウェア開発やデータベース構築・運用開発ツールの実装となります。

手前ミソながら、1)開発コストの低減、2)事業化プロセスの効率化、3)新規事業の創出、4)異業種との連携に寄与することができたかなと振り返っております。これからの運用や改善も継続しながら、さらなる導入効果を発見していきたいとの想いです。

展示ブースでは、Upsideが検証している八重山漁協におけるスマート漁業に関しても展示させていただきました。対象市場は異なりながらも、「ウェバートン連合がIoTサービスを展開していく姿勢を示すことが目的です」というのは少々無理があるでしょうか...

case_study_展示会用A0.jpg

Upside

にった




posted by Upside at 11:13| Comment(0) | TrackBack(0) | IoT

2020年10月07日

ホームページのリニューアルとともにコンテンツを刷新

スクリーンショット 2020-10-07 9.16.40.png

創業当初は海外企業のJapan Entryや無線技術・電波法令支援が主な事業でしたが、時代の流れとともに中核事業も変化してきました。現在はIoTを活用したサービスの導入コンサルティングや事業化に重点をシフトしていることもあり、このたびホームページを総入れ替えしました。コンテンツもテイストも全く継承しておりません。

トップページの旗印は、事業のGoalであり、行動目標のシンボルを示しております。事業開発のGoalは高い山を狙うのであれば、それだけスキルや準備や投資が必要となります。逆に、経験不足な分野であれば低い山から征服して、徐々に高みを目指すべき。それゆえ、Goal設定はコンサルティングの一丁目一番地との思いを込めて、デザインして頂きました。

スクリーンショット 2020-10-07 9.17.49.png

次の視点は、コンサルティングって何してくれるの? どんなメリットがあるの? といった疑問は絶えません。はっきりと明文化して、(上記の全てではないですが)何が得られるのかを適宜共有しながらサービスを提供するように心がけています。可能な限り、「対価に相応したサービス」ではなく、「期待値以上のサービス」であることを念頭に...

スクリーンショット 2020-10-07 9.18.51.png

IoT導入コンサルティングというサービスは決してポピュラーな表現ではなく、何がキーポイントかはわかりにくい... という疑問を払拭し、さらに、サービスの過程で顧客が何を享受しているのかを伝えるために、弊社では「ネタづくり」「モノづくり」「価値づくり」という表現を利用しています。詳細は込み入っているので、直接面談で紹介しております。

IoTサービス構築には多岐にわたるソフトウェア開発も欠かせないので、内製で実装しているうちに、外部企業への開発業務を提供するようになりました。特に、コンサルティングの過程では、部分的な開発実装の依頼も増えてきたので、あえて、事業の一つとして周知するようにしました。受入れキャパシティは大きくないのですが、IoTサービスの構築時に特化した強みを生かせるように(規模よりも)質を高めていきます。

スクリーンショット 2020-10-07 9.19.55.png

サービス展開の趣旨を断片的にご紹介させて頂きましたが、新規事業開発はどの企業にとっても真剣勝負の極みであり、集中力も持続力も必要な取り組みです。その姿勢に相応な受け皿として、そして、質の高いサービスを提供して、「顧客の期待値以上の成果」を継続していきます。

にった
Upside 



posted by Upside at 09:50| Comment(0) | TrackBack(0) | その他

2020年09月02日

UpsideによるIoT導入支援の事例紹介

会社概要のリニューアルに伴い、これまでのIoT活用の事例をCase Studyとして、それぞれ独立したリーフレットを製作いただきました。白地を基調とし、スッキリしたレイアウトにデザインして頂きました。
 
A4_ケーススタディフジテコムのコピー.jpg A4ケーススタディ 八重山のコピー.jpg

水産業やライフラインといったかけ離れた分野への適用ですが、核となる要件定義のプロセスやシステム全体設計の基本概念は共通項も多分にあります。IoT導入コンサルティングはプロジェクト進行プロセス(ネタづくり・モノづくり・価値づくり)に利用価値が高いサービスなので、応用が効くのです...

Upside にった

posted by Upside at 09:32| Comment(0) | TrackBack(0) | IoT

2020年08月16日

【Final Sale 期間延長】2021年2月までの限定期間、Siklu EH-600TXを特別価格で提供します

Vバンドのミリ波(60GHz帯)を利用する屋外無線機 Siklu EtherHaul-600TXシリーズの製品構成を期間限定で特別価格で販売いたします。

ギガビット通信を免許不要で利用できるEtherHaul-600TX(以下、EH-600TX)はPoint to Pointの無線機ですが、500m以下であれば大雨時でも1Gbpsでの通信を可能とします。基本的にはハードウエアを一対単位とする購入が中心となります。

製品詳細は下記URLを参照ください。 


EH-600_Front_transparent_bg_with_logo.png

屋外無線機の場合はポールや壁面に固定が必要となるので、マウントキットが必要となることがほとんどです。

EH-MK-600T.PNG

また、電源はAC/DC/PoEにて供給されます。
ただし、弊社の推奨はAC100V給電によるPoEアダプタ(無線機ごとに1個必要)を利用できます(無線機までケーブリングはLANケーブルだけとなるので、工事も運用もシンプル)。

EH-600TX       2台
マウントキット 2台
PoEアダプタ     2台

2021年2月28日まで上記構成を1セットあたり 40万円(税抜き)でご提供します。

お問い合わせは下記URLからご連絡ください。
尚、数に限りがございますので、先着順にて対応させていただきますが、売り切れの場合はご了承のほどお願いします。

問い合わせ先 URL

にった
posted by Upside at 00:18| Comment(0) | TrackBack(0) | Siklu

2020年07月24日

万全の感染対策とともに第8回セミナーを開催しました。

会場全体.jpeg

 IoTビジネス推進コンソーシアム沖縄の定期セミナーもコロナ禍の影響で余儀なく順延してきました。各種催事の自粛も解除され、感染対策を実施しながらのプロスポーツ感染も解禁となる社会情勢を鑑みて、当コンソーシアム主催(総務省沖縄総合通信事務所 後援)の第8回セミナーを7月16日に沖縄産業支援センター 大ホールで開催しました。三密を避けるために会場収容人員の3割程度まで席を減らしての会場参加型の聴講と、オンライン参加型の聴講によるハイブリッド手法を試行しました。

受付.jpeg

 感染対策については万全を期すべく、入館時の検温と手消毒に加えて、ホールへの入室受付時にも手消毒とマスク着用を来場者にお願いいたしました。さらに、発表は30分で区切り、都度換気を実施し、感染予防に努めました。

 テーマは「社会の課題を解決するための取組事例」と題して、IoTやAIの技術活用だけではなく、それがどのように社会に役立っているのかを問う発表内容を意図しました。もちろん、コロナ禍におけるワークスタイルの変化や自治体職員の業務軽減をもたらす内容も盛り込まれており、タイムリーな話題も満載とする配慮の忘れず...
 今回は事例の産業を絞るのではなく、地域社会活性化・高齢化社会・インフラの安全安心・教育・環境問題といった多岐にわたる社会的な課題への取組み方に焦点を絞りました。

フジテコム.JPG

 水インフラの課題解決に取り組んでいるフジテコム社では、これまで検査員の周回により入手している地中の漏水センサー情報をLTE-M通信でIoT化し、逐次状況把握することに取り組んでいます。導入効果としては検査員の省力化と漏水状況の早期発見が見込まれ、住民生活の安全・安心に寄与するとのこと。会社としても、検査役務請負から漏水状況の管理サービスや早期警報通達のサービス化に事業モデルを転換することを狙っています。
 この事業開発はUpside社も価値づくりや技術開発支援を実施しており、コンサルティング事例としても情報発信することができた次第です。

見守りJPG.JPG

 ゆるやかな繋がりで高齢社会の課題解決をすすめているウェバートン社からは、生活環境情報のIoT化により家族の安全を毎日見守るという視点でサービスを運営しています。高齢者の安否確認については様々な手法が試行されていますが、万能な手法はなく、対象を家族に絞って最適な手法に深化させていく手法が特徴的でした。
実は本件もUpsideが技術支援をしており、長期的な運営を協業いたします。

 今回は弊社からの発表はありませんでしたが、マーケティング・技術支援をしている両企業のサービス化が情報配信されたことは、IoT導入コンサルティングの重要なマイルストーンとなりました。

 最後に、オンライン配信について。
 オンライン化に取り組む当初目的は、席数減への対処として参加者をより多く募ることの一点のみでした。しかしながら、実際には沖縄県内企業・団体のみならず、県外(東北・関東・九州)の自治体や企業にも参加いただくこととなり、地理的な制限を乗り越えるきっかけになったとの実感があります。現在は沖縄市場の協業を推進するコンソーシアムですが、いつか県外市場にも拡大する際には有効な手段になると期待しています。

にった
Upside

posted by Upside at 12:03| Comment(0) | TrackBack(0) | IoT

2020年07月09日

医療機関支援活動 2020

IMG_2103.HEIC

ニュースや記事で報道されているように、COVID19により医療現場が多忙極まりない環境に加えて、感染防止の物資に不足する状況が続いています。医療に携わる立場ではなくとも、必要とされる物資や食事を少しでも届けたいとの思いで東京中央新ロータリークラブが4月に都内病院へ物資を支援するプロジェクトを発足しました。活動は近隣のロータリークラブや有志も巻き込む形となり、これまで弁当配送・フェイスシールドの提供等をすすめてきました。

今回は有志で集めた寄付をもとに3M製N95適合マスク400枚を両国の同愛記念病院にお届けし、医師や看護師の方々に現状をうかがうこともできました。(院長先生が不在だったため、小児アレルギーセンター長の増田先生がに対応いただきました。)

IMG_2107.HEIC

N95適合マスクは入手が困難なため、現状でも使い捨てマスクと重ねて利用して、繰り返し利用しているとのこと。まさに命懸けで患者と向き合う現場でした。お話を聞かせていただいている間は終始にこやかで、その笑顔を記念に残したく、3分だけマスクを外しての写真撮影にも快諾頂きました。

IMG_2106.HEIC

ちなみに、子供が感染したとしても重症化することはほとんどなく、親に感染することも皆無だそうです。
我々の活動は微力で小規模ですが、東京中央ロータリークラブも加わり、役に立つ後方支援を継続させていただきます。

にった
Upside




posted by Upside at 23:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会貢献活動

2020年06月01日

コロナ禍を乗り切れ! 第8回セミナー開催が決定

 IoTビジネス推進コンソーシアム沖縄の定期セミナーもコロナ禍の影響で余儀なく順延してきました。
緊急事態宣言が全国的に解除され、感染対策を考慮しながらの小規模集会も許容される方向となりました。
 当コンソーシアム主催の第8回セミナー(総務省沖縄総合通信事務所 後援)@7月16日も従来の会場参加型(30名目安)とオンライン参加型(30名目安)のハイブリッド手法を試行することにしました。

第8回セミナー リーフレット表 0601.jpg

 テーマは社会の課題を解決するための取組事例と題して、IoTやAIの技術活用だけではなく、それがどのように社会に役立っているのかを問う発表内容となります。もちろん、コロナ禍におけるワークスタイルの変化や自治体職員の業務軽減をもたらす内容も盛り込まれており、タイムリーな話題も満載です。
 今回は事例の産業を絞るのではなく、地域社会活性化・高齢化社会・インフラの安全安心・教育・環境問題といった多岐にわたる社会的な課題への取組み方に焦点を絞りました。みなさまのご来場を心よりお待ち申しあげます。

詳細内容や申込みは下記のURLを参照ください。


にった
Upside LLC.
posted by Upside at 15:42| Comment(0) | TrackBack(0) | IoT

2020年05月27日

新型コロナウイルス感染拡大防止策の一部緩和 【Upside合同会社】

【東京都の緊急事態措置解除への対応】


弊社(Upside合同会社)は東京都の緊急事態措置解除を受け、5月27日以降の自粛の一部緩和を決定しました。引き続き効率的にテレワークを活用しますが、これまで新型コロナウイルス感染拡大防止のために講じていた対策は、下記の通り緩和いたします。


- 当社および関連団体主催(共催)セミナーはフィジカルディスタンスの対策やオンライン参加を併用して実施します。
- お客さまとの対面会議の実施を可能としますが、可能な限り遠隔会議システムを活用します。
- 海外出張については、引き続き見合わせます。


お客さま、関係者の皆さまにはご不便をおかけいたしますが、何卒ご理解、ご協力を賜りますようお願い申し上げます。



新田哲也


Upside

posted by Upside at 16:54| Comment(0) | TrackBack(0) | その他

2020年04月09日

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響は避けられず...

【東京都の緊急事態措置への対応】

Upside合同会社は東京都の緊急事態措置を受け、令和2年4月8日から本社および那覇営業所において、在宅勤務への移行を決定しました(来訪者の受け入れ自粛およびお客さまへの訪問自粛を含みます)。事業継続のため、出社が必要な業務に限り、感染防止対策を十分講じた上で、最小限の人員が出社し対応いたします。当該対応は措置が解除されるまで継続します。
なお、当該期間中も代表電話は転送機能により継続利用が可能です。

これまで新型コロナウイルス感染拡大防止のために講じている以下の対策は、今後も継続いたします。
- 当社および関連団体主催(共催)セミナーや展示会の中止
- お客さまとの対面会議等の原則見合わせ
(遠隔会議システムの活用)
- 国内・海外出張の原則見合わせ

お客さま、関係者の皆さまにはご不便をおかけいたしますが、何卒ご理解、ご協力を賜りますようお願い申し上げます。

Upside 合同会社
代表社員 新田哲也
posted by Upside at 04:13| Comment(0) | TrackBack(0) | その他

2020年03月24日

八重山漁協におけるIoT活用の紹介資料? 実はIoT導入支援サービスの紹介でもあります。

upside_2020 裏.jpg

令和元年度に本格稼働したスマート水産の活用事例をリーフレットにまとめました。会社概要も兼ねたので、詳細内容まで深堀りしていませんが、導入効果の深化ステップは表現されております。ご興味のある方はお問い合わせください。丁寧に対応させていただきます。

upside_2020 表.jpg


実はこちらが表面です。IoT導入のコンサルティングといってもつかみどころがないので、白文字の技術(全体設計)や事業化の要件とりまとめを支援するサービスであることを表現してみました。それでも、文字だけでは伝えにくいのですが・・・
表現を変えると「IoTを活用しようとチャレンジしたけど、上手くいかない」という方にはピッタリのコンサルティングを提供します。

にった
Upside
posted by Upside at 17:45| Comment(0) | TrackBack(0) | IoT