2017年04月22日

IoT セミナー in 沖縄 リターンズ

今年の2月に沖縄で初開催した IoTセミナーとギガビット無線セミナー(どちらも主催はGLBB社)は初めてのチャレンジとしては成功裏に終えました。
詳細は下記ブログ投稿を参照ください。


「沖縄におけるIoT利活用を底上げするためには継続的な活動が必要」との周囲の声も後押しとなり、隔月で継続すべく計画してきました。いくつもの団体がIoTに関連したセミナーや交流会を実施していますが、我々の狙いは、「IoT技術やサービスを構築するのではなく、提供されるIoTサービスをいかに各社の事業に適用するのか」ということ。つまり、IoTサービスはあくまで事業拡大のツールであることを意識して頂き、その導入がどのような意味をなすかということを理解してもらうことなのです。もちろん、実践へと行動してもらうことが最終的な目的ですが...

第二回は4/25に那覇市内で開催します。(もう来週に迫ってます)
その周知活動において、GLBB社松田さんがホームランをかましてくれました。なんと沖縄の有力紙「沖縄タイムス」でセミナー開催の記事が掲載されました。


okinawa times.jpg


どのくらいのインパクトがあるのかはまだ分かりませんが、沖縄においては最大級の広報価値なはず。
セミナーも一部取材されるとのことなので、いつも以上にキバッてトークします!

P.S. 先週はパラオの地元新聞に掲載され、今週は沖縄タイムスに名前が載り、平民としては二週連続の快挙なので、ひっそりと祝杯をあげています。

にった
posted by Upside at 22:50| Comment(0) | TrackBack(0) | IoT

2017年03月04日

秋田でマリンITワークショップ 2017


フラッグ.jpg

3月とはいえ、秋田駅からほど近い久保田城跡の堀はまだ凍結していて、氷点下の装いの市街地。
今年のマリンITワークショップ2017は秋田市で3月2日に開催されました。
夏は函館開催、冬は地方都市を巡回する形で、昨年の仙台から舞台は秋田に移った次第です。
今年も30名以上の参加者が集まり、水産業や水産資源、そしてITの利活用について、闊達な発表がなされました。

マリンIT秋田.jpg


普段は縁のない赤潮被害対策やハタハタの漁場の課題も教えて頂き、なかなか受け入れられなかったIT技術が水産現場や養殖現場での効果的な導入も知りえる機会となりました。おそらく、海洋水産現場でのIT活用情報としては、日本でも最も先駆的な場だと思います。なんといっても、20年近い歴史がその苦労を物語っていますから(主宰の和田教授 おつかれさまです!)。

弊社からの発表は「屋外無線の最新動向」について

マリンITでは衛星回線・高出力無線LAN・3G/LTEが有力な手段ですが、今年からサービス展開が有力視される SIGFOX/LoRa/NB-IoT/e-MCTの技術情報や使い分けのコツを発表させていただきました。
これから流動的な技術と市場ですが、現場の方々にいち早く情報共有できればとの思いでマリンIT向けスペシャルバージョンで臨みました。

異業種・異文化・産官学の異なる立場がマジワルことで、思わぬシナジーが生まれ始めています。共同研究になったり、共同事業になったり。

これからも質の高いワークショップが継続するように参加者全体で底上げしたいものです。

次回は、8月2日に本拠地函館で開催。
さらなる進化を求めて!

にった
Upside
www.upside-llc.com




posted by Upside at 11:30| Comment(0) | TrackBack(0) | IoT

2017年02月28日

初参加! みやぎモバイルビジネス研究会

宮城県庁.jpg

2009年に発足した「みやぎモバイルビジネス研究会」は宮城県庁と東北IT企業が中心となって活動されています。
東北企業のビジネス拡大を促進すべく、
そして、東北発の事業を目指して。

昨日のセミナー@宮城県庁のテーマは、

ICTを活用した新たなビジネスの創出を目指して
〜新たなビジネスシーンの一例「グローバル展開へのチャレンジ」〜

みやぎモバイルビジネス研究会 セミナー 2017 02.jpg

三社の登壇とパネルディスカッションの構成となっており、Upsideも「IoT/ビッグデータ時代の海外展開」との題目で講演させていただきました。

海外では加速的に普及しているIoTサービス。もう、IT商材の単品売りではなく、「モノ+サービス」でいかに付加価値をつけるのか。そして、現地文化や価値観とどうマッチングさせるのか。事業化するうえでのキーポイントを機関銃のように放談しました。

発表風景.jpg

他にも、東京市場に頼るのではなく、シリコンバレーに新市場を展開するASA社。フィリピンの向上心豊か&低コストのエンジニアを活用したラネックス社。
それぞれが、これまでの経験や知見を惜しげもなく情報共有する会となりました。
海外進出といっても、幾多の困難へ立ち向かう情熱と投資が必要であり、次に続く志豊かな東北企業が増えることを祈念しています。


東京から唯一の登壇でしたが、北の大地の情熱をおすそ分けしていただき、自社の成長を見つめ直します。


にった
Upside
www.upside-llc.com



posted by Upside at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | IoT

2017年02月25日

仙台での出張講演 2/27


16864416_1384702388238686_3985193100836563911_n.jpg


2/27 みやぎモバイルビジネス研究会@仙台にて登壇します。
http://www.mimos.jp/eve/2017/170227.html 


当日のセミナー全体のテーマは、


「ICTを活用した新たなビジネスの創出を目指して」

新たなビジネスシーンの一例「グローバル展開のチャレンジ」


チャレンジ精神豊かな企業様に役立つような内容を盛り込み、

私の発表テーマは


 IoT/ビッグデータの海外展開


弊社の海外企業とのビジネス経験をもとにした「現地の価値観重視の論点」と「IoTサービスも加味した新しい事業モデルのチャレンジ」を中心に発表します。

発表資料はこちらからダウンロード可能です。

https://www.slideshare.net/NittaTetsuya/presentations

posted by Upside at 20:50| Comment(0) | TrackBack(0) | IoT

2016年12月17日

顔認証は国産企業が逃げきれ! Go NEC !


NEC、既存の映像からでも人の視線を検出可能に!

NEC.png

IoTの新技術は海外製に押されっぱなしの状況を嘆きながらも、海外技術を使って魅力あるサービスができれば良しとていました。
が、NECの顔認証技術は国産パワーを期待してします。

既存のネットワークカメラでも、離れた場所からでも、人の視線・方向をリアルタイムに可視化できる。
これまでは、明るさやカメラの解像度・被写体までの距離が制限されていたが、それぞれの課題を克服特徴量抽出技術や人口知能を活用してクリアしたとのこと。

 【商業用マーケティング分析】
 【犯罪防止】
 【事故防止】  
 【エンターテインメント】

適用分野に夢は膨らむ。これからの肝は技術アピールではなく、有効技術をいかにサービスに埋没させて、ユーザーが使いやすくするか? 日本企業が苦手なところだが、その先の課題もクリアして、魅力あるサービスで世界制覇してほしい。

にった
posted by Upside at 13:04| Comment(0) | TrackBack(0) | IoT