2016年04月29日

IoTの導入。日本の企業はどれくらいすすんでいる?


【日本企業のIoT導入状況】
ガートナーの報告(2016年4月)によると、IoTについて企業がどのように取り組んでいるかを質問したところ、「IoTの専門部署やグループができた」割合が10.1%。 以前から指摘されているが、欧米よりもはるかに遅れています。

ガートナーの報告詳細はこちら ↓
http://www.gartner.co.jp/press/html/pr20160426-01.html


一番の問題は、「いまだにどこから手をつけていいかがわからない」との回答が40%弱もあること。導入に取り組むためには会社方針・投資プラン・ビジネスモデルデザインが欠かせませんが、そのスタートラインにすら立っていません。もっとも、今までの事業形態で成功していれば、全く門外漢のIoTなんて言われても、途方にくれるのも無理はないですね。


そこで、Upsideは「IoTを導入する側の企業のビジネスモデルデザイン」を支援します。


これまでのコンサルティングの大半はソリューションを提供する側の戦略を支援することが主でした。販売商品やサービスの利益向上や健全なROIを目的とし、外部リソースを利活用する典型モデルです。

ところが、IoTは導入する企業が「誰に・どのようなデジタルサービスを提供するか」の戦略によって、導入すべき内容や成果が全く変わってきます。それゆえ、今後は導入企業や団体こそがサービスデザインや要件定義を立案するために「適正な外部リソース」を活用すべきです。その支援こそがUpsideが提供するサービスとなります。

全ての産業が対象となり、企業の規模も様々です。まだ見えない課題も満載ですが、これまでの知見を生かしながら、最新情報にアンテナを張りながら、最大効果を出せるサービスをできるよう邁進してきます。

2015-07-27 06.31.37.jpg

にった

http://upside-llc.com/our_business/business_consulting/ 




posted by Upside at 18:46| Comment(0) | TrackBack(0) | IoT
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/175092762

この記事へのトラックバック