2016年04月01日

AIを人間として認められる文化


アメリカのマーケティング会社マッキャンエリクソンが人口知能を搭載したマシンを社員扱いとして受け入れた。


AI.jpg

もちろん広告効果も狙ってのことでしょうが、既得権益の意識が高い日本人と違って、イイものはドンドン取り入れる姿勢には恐れ入ります。
「AIが進化した先には人間の役割はどうなるか」と日本で議論をしている間に、考えるまでもなく時代をけん引していく貪欲な文化。(本当は未来予想図を描いている人もいるのでしょうが...)

「古き良き」と「革新」の絶妙なバランス感覚が求められる時代ですね。

にった

posted by Upside at 09:21| Comment(0) | TrackBack(0) | IoT
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/174722362

この記事へのトラックバック