2018年08月08日

【発表内容】マリンITワークショップ2018 Hakodate 

2018年8月2日に開催されたマリンITワークショップ2018 HAKODATEの発表内容の一覧です。(敬称略)
ワークショップの会場は北海道函館市内のGスクエアでした。

IMG_20180802_153749.jpg


10:30-10:40 開会の挨拶

 和田雅昭(公立はこだて未来大学)


10:40-12:10 セッション1 座長 榎本洸一郎(滋賀県立大学)


「半教師あり学習を用いた海底環境可視化システムの開発」

 ○北川純(新潟大学大学院)


「機械学習による北海道のスルメイカ漁獲量の予測」

 ○藤原怜(公立はこだて未来大学)


「機械学習を用いたGrouperの魚病・斃死の要因特定と予測モデルの開発」

 井上航次郎(公立はこだて未来大学)


「状態空間モデルを用いた定置網漁のための日単位漁獲量予測」

 小川哲司(早稲田大学)


「ディープラーニングによる他船検出」

 小林充(海上技術安全研究所)


「画像処理技術の船舶への応用と今後のAI活用について」

 地主匡宏(日立産業制御ソリューションズ)


12:10-13:00 ランチタイム


13:00-14:30 セッション2 座長 和西昭仁(山口県立水産試験場)


IoTシステムをプロトタイピングするための技術」

 藤原淳(Upside


「インドネシアにおける養殖業のICT化 Vol.2 〜作業情報の可視化と課題〜」

 新田哲也(Upside


「現場から3つの課題 〜そして1年〜」

 千葉周(宮城県漁業士会南部支部)

 鈴木宏輔(アンデックス)


「桂島 千葉さんの発表から一年。あの話は今」

 土谷信雄(日立産業制御ソリューションズ)


ICTブイの活用事例のご紹介」

 山本圭一(NTTドコモ)


「海洋センサー開発について」

 林将寛(アイエンター)


14:30-14:50 コーヒータイム


14:50-16:20 セッション3 座長 和田雅昭(公立はこだて未来大学)


「ほっけ刺し網漁における漁獲状況可視化のためのアプリケーション開発」

 ○黒川大智(公立はこだて未来大学)


「海中3次元計測による養殖ホタテガイの成育管理システムの検討」

 ○長谷川正樹(新潟大学大学院)


Visualization for data understanding英語

 ピトヨ・ハルトノ(中京大学)


ICT Application Initiative in Sardine Fishery Bali Strait - Indonesia英語

 モハマド・ナシール(インドネシア海洋水産省)


「タコ樽流し漁の漁獲タイミングの自動抽出に向けた取り組み」

 高博昭(公立はこだて未来大学)


「土木分野における漁業ICTの活用に向けた取り組み」

 岡辺拓巳(豊橋技術科学大学)


16:20-16:30 閉会の挨拶

 三嶋順(アンデックス)



posted by Upside at 10:40| Comment(0) | TrackBack(0) | IoT

マリンITワークショップ2018 Hakodate

19回目を迎えたマリンITワークショプHakodateに今年も参加しました。はこだて未来大学 和田教授が主催する夏の恒例行事は50名を超える有識者が集まり、多分野の発表と闊達な議論が行われました。

IMG_20180802_103114.jpg
和田教授のオープニングトーク

大学関係者やIT企業のみならず、水産業の専門知見を持つ漁師や海苔養殖業者も交えて、AI理論から水産業の現場の課題解決まで幅広い視点と意見が交わりました。「これだけの知見と意見交換を体験できる時間は他にはない」と言い切れるワークショップ(と懇親会)でした。

IMG_20180802_153749.jpg

Upsideからも藤原と新田がIoT活用の現場での「構築をすすめる際の技術的課題」や「現場での利用促進でのつまづき」を発表しました。本来であれば、素晴らしい成功事例が望ましいのですが、数多のIoT導入現場で「Proof of Conceptからサービス化に進展しない」現象に一石を投じる想いでした。

IMG_20180802_131612.jpg

嬉しいことにマイナスの経験を共感してくれる成功体験者の方々もおり、「現在成功しているチャレンジは失敗の連続を乗り越えたものだった」と。
UpsideのIoT導入支援のアピールポイントは「たくさんのチャレンジで失敗したこと」と「少ないながらも成功事例を目の前の課題に役立てる」ことで間違いはないと信じています。

現在取り組んでいる「インドネシアの養殖業支援」、「石垣島の水産業IoT化支援」、「小谷村における災害発生時の安否確認システム導入」、「地下に設置しているセンサーのIoT化支援」を成功裏に着地させて、さらなるフィールドへ拡大すべく、日本中を飛び回ります。

にった
posted by Upside at 10:25| Comment(0) | TrackBack(0) | IoT