2016年07月13日

将来ビジョンを創造する方法 Step2 ダイジェスト動画

Upside Academy.jpg

IoTサービスを導入したいけど、何から始めれば良いかわからない」という企業・団体向けセミナーシリーズの第二弾です。
対象者のIoTリテラシーに合わせた構成にするため7連作に分割しております。また、企業向けか行政向けかによっても構成を柔軟に変更できるようにしました。


IoT/ビッグデータがもたらす革新的なサービスは、全くの異業種からの新規参入により産業構造までを一変してしまうこともあります。今まで寡占市場で安定していた事業や産業ですら、常にリスクを負うことになります。それゆえ、企業・団体が生き残るためには常に新規事業やサービスにイノベイティブにチャレンジしていかなくてはなりません。

Step2ではイノベーションにチャレンジし続ける必要性について掘り下げていきます。

Step2のダイジェスト版動画(約8分)まとめましたので、詳細はこちらをご覧ください


posted by Upside at 19:34| Comment(0) | TrackBack(0) | Upside Academy

2016年07月10日

WiFi高速化の新しい視点 Portal


6T3A7535.jpg

通常、通信を高速化するための技術的指針としては新しい技術(変調方式、占有帯域幅拡大やチャネルボンディング)を付加して、ベストエフォート時の通信速度表示をPRしていくことが主流です。実際、WiFiにおいては、11n → 11ac → 11ac と変遷を経ていますし、今後も新規格が導入されていくでしょう。

しかし、実際の都市部ではWiFiの普及が飽和しつつあり、外来波による電波干渉が実効利用速度を劣化させているのが現実だと思います。その課題を解決すれば、同じ利用現場で格段に通信の高速化が実現するはず。そんなコンセプトを製品化したのがPotalです。
現在、グリーンファンディングで初回ロットの購入者を募っていますね。



何故、電波干渉問題を解決できるのか?

WiFi利用において、特に5GHz帯はDFS(Dynamic Frequency Selection)はレーダー波との干渉を避けるために、WiFi端末がレーダー波(実際にはレーダー波が利用しているチャンネル)を受信した際には、その周波数の利用を停止しなければいけない。つまり、他のチャンネルを利用するようになるのだが、一般のWiFi端末はレーダー波を検知する計測間隔はそれほどシビアには設計されていない。一日に一度受信するかしないかの電波の検知でもあり、計測した際に停波する予備機能といった設計であるので、シビアに計測する必要性も高くない(法令で定められた受信レベルにおける計測能力は必要ですが)。

Potalを開発したIgnition Design Labs 社は、DFS対象周波数帯およびWiFiで利用できる5GHz帯(海外で利用可能な5.8GHz帯まで可能)をリアルタイムに計測し、レーダー波だけでなく、周囲で利用している周波数も含めた全ての外来波をアクティブに検知することを可能としました。それゆえ、最も干渉が少ないチャンネルを逐次分析し、80GHzや160GHzといった広域な占有帯域幅を利用する際にも干渉の影響を最小化できる。

干渉の弊害を最適化することで、通信の高速化を実現しようというアプローチなのです。
逆転の発想ですね。

もっとも、11ac wave2 & ビームフォーミングを採用する(最大1.7Gbps)とのことなので、既存技術で搭載可能な機能は盛りだくさんでもあり、我々の体感レベルで「大きな違い」を生み出す技術となりそう。
早く製品化してほしいですね。

それにしても、「ターボチャージ」なんてトンガッタ表現もよく思いついたもんですが...

にった








posted by Upside at 00:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 5G

2016年07月01日

Siklu 新製品カタログが完成 EtherHaul-600TX

EH-600T.jpg

いつでもどこでも使える(免許不要)ギガビット無線機がリニューアルされ、Brochure もアップデートしました。(Slideshareからのダウンロードはこちら ↓ )

今回の製品改訂で何が変わったのか?
主な点は、低価格化・ダイナミックレンジ2dB改善・アンテナ分離化 です。

ちょっと拍子向けですかね。
とはいえ、価格は常にユーザーへインパクトを与えるもの。
参考価格はPoint to Pointの2台セットで下記となります。

ただし、AESの暗号化追加やL2スイッチ機能追加等のソフトウエアアップグレード費用は用途ごとに様々なので、金額に幅を持たせておりますのでご容赦を。

EH-600TX(無線機本体)     2台
マウントキット        2台
PoEアダプタ          2台
ET-600TX.jpgEH-MK-600T.PNG
ET-600TX.jpgEH-MK-600T.PNG

上記セットで、参考価格 140万円〜180万円(税抜き)

にった


posted by Upside at 17:08| Comment(0) | TrackBack(0) | Siklu